bit One HD Virtuoso

希望小売価格 ¥190,000(台)

audisonブランドのオーディオ・プロセッサの最高峰、Bit One HDがリニューアル
Audisonのフラッグシップ・プロセッサであるBit One HDが、ソフトウェアのメジャー・アップデートを機にハードウェアもブラッシュアップし、新たにBit One HD Virtuoso(ヴァーチュオーゾ)として再登場します。 製品の特長および付属品
Bit One HD Virtuoso(ヴァーチュオーゾ)は、オプティカル・デジタル入力 x 2系統、アナログ入力 x 12ch、デジタル出力 x 13chを装備し、ハイレゾの96kHz/24bitの内部処理に対応したカーオーディオ用デジタル・シグナル・プロセッサ(DSP)であり、PCソフトによるさまざまな機能を駆使しながら純正オーディオにハイエンド・システムを組み込んで拡張していくことができます。

AUDIOPHILE COMPONENTS
Bit One HD Virtuosoのアナログ出力は高定格コンポーネントを実装しているため、より音楽的な中高域および俊敏な低域を生み出すことに成功しています。 1. エルナーのSILMIC[シルミック]シリーズ音響用電解コンデンサ シルク繊維で処理されたセルロース誘電体が、車両内では常に発生している、振動による機械的エネルギーを緩和し、優れた音響パフォーマンスを発揮します。 2. WIMAメタライズド・ポリプロピレン・フイルム・コンデンサ 非常に低い電力損失および誘電吸収を特徴とし、クリーンでダイナミックな高域を再生します。 3. バーブラウン SoundPlusシリーズ・オペアンプ OPAx134 ひずみやノイズが非常に少なく、高いレスポンス・レートを誇り、ダイナミックレンジの拡大とリアルなリスニング体験を実現します。 4. シーラスロジック CS4365(6ch) / CS4385(8ch) 24bit/192kHzに対応したDAコンバーターでSN比は114dB。フィルタ・レスポンスをslow/fastの2種類から選ぶことができ、最良のリスニング体験にカスタマイズすることができます。

新たな入出力設定のオプション
純正ヘッドユニットからのハイレベル入力を合成し、EQやタイムアラインメントがかかっている場合は補正してフラットなシグナルに再構築するという従来のアプローチに加えて、下記の新たなモードが追加になります。
パス・スルー(Pass Through)モード
サラウンド・システムやカスタムのオーディオ・アルゴリズムが実装されている、複雑な純正オーディオ・システム向けの設定。5.1または7.1等の純正システムをドルビー・デジタルの機能を失うことなくそのまま生かした状態で、新しく構築するオーディオ・システムに統合することができます。 I/O設定ウィザードでパス・スルーを選択すると、純正ソースからの入力とプロセッサからアンプへの出力をダイレクトに関連づける、または出力チャンネル数を拡張することもできます。パス・スルーの特徴は、イコライジング、ディレイ、位相などの補正、およびチャンネルの帯域合成は、設定の段階では実行されません(後でソフトウェアの調整画面からマスター入力を選んでディレイと位相の調整をすることは可能)。他の外部入力ソース(AUX、Optical 1/2)を使用する場合は、マスター入力とは全く別のシステム設定ができるので、純正システムの限界に縛られない、より高いパフォーマンスのシステム構築が可能になります。

FIR/IIRの切り替え
以前のバージョンではFIRとIIRのフィルタを切り替える際にそれぞれに対応したファームウェアにインストールし直す必要がありましたが、Ver2.0以降ではひとつのファームウェアでFIRとIIRの切り替えが可能になります。
IIRとFIRの違い
IIRフィルタは、位相や周波数レスポンスを概算で近づけながらアナログ・フィルタを忠実に再現しているので、クロス・ポイント付近で位相にずれが生ずることは避けることが出来ません。そのずれは方式の違い(バターワース、リンクウィッツ、ベッセル)によって異なりますが、リスニングの際に感じることができます。
FIRモードのフィルタおよびイコライザによる音質向上
FIRフィルタを使用すると位相のずれが生じないリニアなレスポンスを得ることができます。急峻なスロープ(48dB/Oct)を設定してもフェイズ・シフトが起こらないので、ミッドレンジとトゥイーターをAピラーにマウントして比較的低い周波数帯域で鳴らすことができ、パワー不足の問題を解決することができます。したがって、FIRフィルタを使えば3ウェイ・システムの利点をフルに生かすことができ、車内でのリスニング体験を違う次元へと引き上げることになります。 実際のリスニングにおいては、FIRフィルタの使用は再生音の過渡特性に大きな影響をもたらし、例えばピアノ・ハンマーが弦を叩く音やドラムの音などが切れのあるクリアなものになります。ステレオ・イメージはより深く、明瞭になり、バーチャルなステージ上での各楽器の配置がさらにはっきりと感じられます。 また、FIRイコライザで周波数特性に補正を加えたとしても、オーディオ・シグナルの位相に変化を起こさないため、音質を制限することなく、より正確できめ細かな調整が可能になります。