Prima Series Speakers

Primaのスピーカー・ラインナップには様々なソリューションが投入されており、OEMシステムのインテグレーションを最大限にシンプルなものにしながら、Audisonの持つ品質への基準を満たす成果を挙げています。
エンジニアは製品設計の際に、サウンド・ステージ、およびカーオーディオ・システムにおける”ライブ効果”を構築するために、各スピーカー・ユニットの再生周波数のレンジにフォーカスをあてました。
FET (Finite Element Method/有限要素法)のような最先端のモデリング技術と、ヴォイシング・フェーズと呼ばれる長時間におよぶ車内リスニング・テストを経て、最終的にはコアキシャル・モデルには、コンセントリック・トゥイーター(ウーファーの中心部にトゥイーターを埋め込んだもの)を使用した、音が同一のポイントから放射されるデザインを採用しました。リニアなアコースティック・レスポンスとなり、聴感上もナチュラルな感触が得られることになります。
高域の音の拡散をコントロールするためにトゥイーターに実装されたアコースティック・レンズは、特にドアにインストールされた場合にリニア・レスポンスを確保するものであり、全体がオフ・アクシスになります。車種によって2ウェイ・セパレートをインストールするのが難しい環境でも、それと同じレベルのパフォーマンスとサウンド・クオリティを実現し、リアルなサウンド・ステージがリスナーの前に現れます。

コンセントリック・トゥイーター

コンセントリック・トゥイーターはインストール場所の厳しい制約にも対応します。通常のコアキシャルの場合、トゥイーターの突出部分が純正システムのグリルやドアパネル等と接触することもありますが、Primaシリーズのスピーカーはインストールをシンプルで確実なものにします。

ピュア・コッパー・ボイスコイル

ヴォイシング・フェーズでの検証を経て、コアキシャルには32mmのピュア・コッパー・ボイスコイルを採用することになりました。競合メーカーが25mmのボイスコイルを採用していることと比較すると、技術的にもコスト的にも思い切った選択ですが、その決断の裏にはパワーハンドリングと高能率というふたつの大きな目標を達成するという意気込みがあります。
一方の高能率の面は、ウーファー用のローパス・クロスオーバーのユニットを排除することで実現しています。シンプルなフィルター用インダクターであってもそのワインディングから発生する抵抗が原因となり、能率や音圧の低下をまねくことになります。